関西SPORTS.COM

  • 関西SPORTS.COMトップへ

-天気予報コム-

« 2016年7月 | メイン | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

強風、高い波でのレース


2回生スナイプクルーの德永です。

今日は次世代選手発掘コーチ派遣事業のレースに470、スナイプともに参加させていただきました。

私は午後に甲風からレースの様子を見ました。
午前よりも風も上がり波も高い中でのレースとなりました。

その中でピンダウンをしている様子がよく見受けられ、ミーティングでは今日の風ではどれぐらいピンダウンしたらよいのかなどを聞いて、次回につなげていくための意見やアドバイスをお互いに言い合いました。

また、波が高い海面では波に打たれることが多くなるため、クローズではのぼりすぎてはいけないということ、ランニングの時は乗艇位置を常に意識し、波に打たれないようにすることを注意する、といった課題もミーティングで挙げられました。

久しぶりの強風の中での練習となりましたが、ピンダウンなどの細かいところを確認できる機会は、関西インカレまで残り1ヶ月を切っている中で少なくなってくると思うので、いい練習になったと思います。

今日の風では何を意識するべきなのか、毎日の練習では考えながら乗ることで練習の質も上がってくると思うので、関西インカレまでにできることというものを常に考えて練習に励んでいってほしいです。

私はヨットに乗れない分、みんなのサポートで何をしたらよいのかを常に考え、少しでもチームの力となっていきたいです。

2016年8月29日 (月)

関西インカレに向けて

2回生スナイプクルーの寺尾です。

今日は山本悟コーチによるコーチング練習でした。

スナイプはトラペゾイドコースの中で実践形式のフリーコースの練習をする予定で出艇しましたが、風がとても弱く安定しなかったためコース練習ができず、早めに着艇しました。

午後は前線の影響で雨が強くなり視界も悪くなってきたため出艇を中止し、休養にあてることにしました。

最近、オフ明けで部活を休んでしまったり、練習中に体調を崩す人が増えてきています。
オフのある意味を考え、しっかりと体を休ませるようにしていきたいです。

470は、午前のみ次世代選手発掘コーチ派遣事業というレースに参加し、1レースを消化しました。

今西宮には、今週末から始まる全日本個人選手権大会に出場する強豪選手が全国から集まっています。

その中には今日レースに参加していた選手もおり、全国大会に出場するような選手と共にレースをできたことはとても良い経験で、自分たちと強豪選手の違う点を自らの目で見つけることができたようです。

このことは関西インカレ、そして全日本インカレに向けて大きなヒントになるのではないかと感じました。

また、今日は県立芦屋高校ヨット部3年生の女子部員2人が甲南大学ヨット部に見学に来てくれ、レスキューから練習を見学してもらったり、少しだけヨットに乗ってもらったりしました。

午前に早く着艇したので、山本悟コーチから高校と大学のヨットレースの違いや甲南大学ヨット部の特徴などを話していただきました。

私たち現役部員も、数人が甲南大学やヨット部の紹介をしました。
彼女達は来年のセレクションに大きく関係してきます。
甲南大学ヨット部の魅力が彼女達に伝わり、ぜひ甲南のヨット部で活動したい!と思ってもらえれば嬉しく思います。

今日はコーチングだったにもかかわらず、天候に左右されあまり練習できませんでしたが、関西インカレまでもうあと1ヶ月を切っています。

まだまだ課題はたくさんありますが、残された時間の中でいかに効率よく課題をつぶし関西インカレで勝つかを考え練習していきたいと思います。

2016年8月28日 (日)

ファミリーデー

2回生マネージャーの交河です。

今日はファミリーデーでした。

ファミリーデーは毎年3回生が企画することになっており、今年は例年と比べてたくさんの保護者の方々が集まったことにより、今までと違った雰囲気のファミリーデーとなりました。

朝の9時半から始まり、センターハウス内の会場で保護者向けのミィーティングを行いました。

舟元会長をはじめ福田監督など、たくさんのヨット部に関わってくださっている方が、保護者に向けてヨット部へのご理解とご協力をいただく為のお話をしてくださり、より甲南ヨット部に対する考えが深まって前向きになったと思います。
本当にありがとうございました。

Image



今日の午後は、台風の影響でいつもよりも風が強めだったのですが、試乗会を予定通り執り行いました。

私はレスキューを運転し、乗せ代えのサポートをしていたのですが、父と共にヨットに乗せてもらえる事ができました。

私自身、ヨットに乗るのが新歓の時以来だったので今日、親と乗れた事がとても嬉しかったです。

そして舟元会長には、新生善蔵丸を出して頂きました。ありがとうございました。

来年は私たちの代がファミリーデーを企画します。
今年のファミリーデーは良いところもありましたが、舟元会長からご指摘を受けた事も含め、まだまだ改善できる事が多々あります。

少しでも今年よりグレードアップしたファミリーデーにする為に、3回生にアドバイスをもらったり、同期との話し合いを繰り返ししていきたいと思います。

今日、たくさんの差し入れを持ってきてくださった保護者の皆様、本当にありがとうございます。
これからも部員一同、保護者の皆様や周りの方々の期待に応える為に頑張っていきますので、引き続き変わらずサポートの方をよろしくお願いします!

Image_2


Image_3


加えて、山本悟コーチ、田中コーチ、尾崎コーチ、柴田さん、甲南大学スポーツ強化支援室より青山室長、中村様、松川様 にもファミリーデーに参加してくださりました。ありがとうございました。


2016年8月27日 (土)

プロパーコースの見極め

2回生スナイプスキッパーの津嶋です。

今日は山本悟コーチによるコーチング練習でした。

風は午前がAVE.4m/sの北東の風で、午後は4m/sから8m/sぐらいのブロー差の激しい北風が吹きました。

コーチングの内容はフリーのコース練習でした。
水曜日のコーチングではラムラインの把握をし、最短距離をいかに走るかという練習でしたが、今回はプロパーコースを見極める練習をしました。

今日の様なブロー差の激しい海面では、特にプロパーコースの見極めが重要になってきます。
ただラムラインを走っているだけでは、先にブローを掴んだ艇には負けてしまいます。

ブローをしっかりと見てラムライン上を走った方がいいのか、それとも少しラフィングしてブローを掴みに行った方がいいのかなどを考えて練習に挑みました。

私は課題としていた上マーク回航後のボートスピードにも着目して練習を行いました。
この課題は、バングの引きすぎとメインの引きすぎを意識して防ぐことにより、以前よりは解消する事が出来たと思います。

しかし、今日でまた新たな課題が見つかりました。
それは順風から強風でのフリーのランチャーアップです。

この時期の課題としてはもう潰しておかなければならない所なのですが、クルーとの息が合わず、ランチャーアップで手間取って減速してしまう事が多々ありました。
風が抜けて軽くなった時に上げるなどの工夫をしていきたいと思います。

午後の着艇後、470チームは山本悟コーチの指示によりもう一度1時間だけ海に出ました。
その理由は、強風時のクローズホールドのボートスピードに問題があったからです。

ブローが入って加速しなければならないのに風を逃がそう逃がそうとして艇を前に進ませるという、当たり前の事ができていませんでした。
この点は私も課題の一つです。
いくらレース中にコースを考えてブローを見極めても、ブローに入って減速している様では意味がなくなってしまいます。
なので、強風時にいかにブローで前に進めるかを考えて練習していきたいと思います。

今日は田中コーチと高永さんに来て頂き、田中コーチには470に、高永さんにはスナイプに乗って頂きました。
ご指導ありがとうございました。

2016年8月24日 (水)

ラムラインの把握


2回生スナイプクルーの染谷です。

今日は山本悟コーチのコーチング練習でした。

今回の練習はラムラインの把握を目的としたもので、内容としては、上下でマークを落としサイドにレスキューボートを利用したトライアングルコースでした。

リーチングでラムラインを走り、レスキューボートからリーチングを走る艇に対して、ラムライン上を走っているかどうかを艇に伝え、最短距離を走ることを意識するという練習でした。

この練習では、リーウェイや潮の流れも考えて走らなければラムラインを走ることはできないため、クルーの僕自身もすごく考えることの多い練習となりました!

関西インカレまで残り29日となり、練習できる時間も限らてきましたが、レースで結果を残すにはまだまだ練習しなければならない事が山ほどあります。

特にコースに関してはもっと積極的に関わっていきたいので、レース練習が僕自身の課題だと思っています。

また今日は柴田さんの提案で、マネージャーチームがより効率よくプレイヤーをサポートするためのキッチンのリフォームを行っていただきました。

柴田さんにはヨットに必要な栄養バランスなどのアドバイスや、衛生面でのご指導もして頂いたり、今回のキッチンのリフォームなど、プレイヤーがより競技に集中しやすい環境作りをするために、たくさんのサポートをして頂いています。

本当に有難く、部員一同大変感謝しております!
ありがとうございます!

Image



2016年8月22日 (月)

振り返り練習


2回生470クルーの岡畑です。

山本悟コーチより、大会の次の日に行う練習が一番効率が良いというご指導を頂いたので、今日は昨日の夏季選手権大会を振り返り、午前のみ練習を行いました。

私の艇は、スキッパーの藤井が北風での振れやブローにうまく対応したコースを選択してくれたので、いい順位をとる事が出来ましたが、スタートが全レース上手くいきませんでした。

その原因としては、走り出しのタイミングがスキッパーと合っていなかったり、動作でのミスがまだあったりと、スタート後の加速が悪く上の艇に潰されて逃げタックをするというスタートがほとんどでした。

470チーム全体としてもスタートが課題であるとミーティングで分かったので、本日はスナイプとも合同でのスタート練習を行いました。

始めの数回のスタートは、動作が上手くいかず加速がないスタートになってしまいましたが、スキッパーの藤井が動作の確認と練習をスタートまでの時間にしてくれたおかげで、最後の数回は悪くはないスタートきることが出来ました。

これからの課題は、型にハマった動作以外のスタートをしなければいけなくなった状況でも、しっかりと対応をしていけるように意識して練習を行いたいと思います。

正直なところ、関西インカレまであと31日となったこの時期にスタートの動作で悩んでいる自分にもどかしさと焦りを感じていますが、今日のように意識して練習を行えば形になっていくと思うので、数少ない練習を大切に残された時間で精一杯頑張っていきます。

2016年8月21日 (日)

夏季選手権大会2日目

2回生スナイプクルーの尾川です。

今日は昨日のレース数が少なかったため、予定よりも30分早く出艇しました。

今日はave.2~3m/sの北風で、ブロー差が激しく難しい海面でした。

僕は今回、初めて南先輩とレースに出場したのですが、今まで乗っていたスキッパーよりも体重が重かったため、ヒールトリムの感覚が違い苦戦したのではないか、と大中さんと森一将さんに指摘されたのですが、北風でブロー差がとても大きくヒールしてしまったり、アンヒールが入ってしまったりしてしまい、減速してしまうことがありました。

そこで、ヒールバランスをいかにフラットにするかでボートスピードがいかに変わるかを教えて頂いたので、これからの練習でヒールトリムをどれほど詰めていけるかを課題にしたいと思います。

今回のレースが団体戦までの最後の多数杯でのスタートということで、スタート練習から課題にしていた第一線からのスタートと、他艇に合わせて前に前に出ていこうとしてリコールしてしまうことがあるため、早めにテンパることを意識しました。

今回のレースでは、自分達の中では攻めるプレーをしたと思っていたのですが、団体戦を想定して英語を叩かないことを意識し過ぎてしまい、まだまだスタートラインまで詰めれる所があるのに出来ていないと指摘されたので、これからの練習で上手くいくようにしていきたいです。

今回は初めての北風のレースということで、とても勉強になることがたくさん出てきました。

北風でのレースではとても振れが大きく、それに合わせてコースを引くということや、いかにしてブローを掴んでいくかの難しさを経験できたと思います。

また今回は、ヒールバランスに意識がいきすぎて報告をせずに黙り込んでしまったことで、ミスをしてしまいました。
そしてそこから気持ちが落ち込んでしまい、次のレースまでに切り替えることができなかったので、レースごとの意識の切り替えも課題にしたいと思いました。

今日は尾崎コーチ、山下さん、上塚さん、大中さん、森一将さん、荻野さん、奥田さんが応援に来てくださりました。

尾崎コーチはレスキュー艇に乗ってくださり、海上からアドバイスをいただきました。
山下さん、上塚さん、大中さん、森一将さん、荻野さん、奥田さんは運営艇に乗ってくださりました。

また、大中さん、森一将さん、荻野さん、奥田さんから差し入れをいただきました。

今日も昨日に引き続きお暑い中、本当にありがとうございました!

Image_2


関西学生ヨット夏季選手権大会 2日目結果

個人総合成績
470級(全49艇)
1位関西学院大学 山本・光森組 20pt
2位関西学院大学 山下・甲斐組 26pt
3位和歌山大学 伊藤・南保組 33pt
4位関西大学 山本・橋本組 39pt
5位関西大学 粟根・西田組 41pt
6位関西学院大学 有岡・関組 43pt

スナイプ級(全45艇)
1位関西学院大学 奥村・川勝組 15pt
2位関西学院大学 山本・松本組 33pt
3位関西学院大学 喜田・柴田組 47pt
4位関西大学 堀・石田組 47pt
5位甲南大学 明石・井阪組 51pt
6位甲南大学 津嶋・染谷組 57pt


 
総合成績
470級(全49艇)
1位関西学院大学A 160pt
2位関西大学 162pt
3位関西学院大学B 167pt
4位和歌山大学 214pt
5位甲南大学 231pt
6位近畿大学 247pt
 
スナイプ級(全45艇)
1位関西学院大学B 118pt
2位甲南大学 202pt
3位関西学院大学A 205pt
4位神戸大学 210pt
5位関西大学 238pt
6位大阪大学 242pt
 
団体総合成績
1位関西学院大学 278pt
2位関西大学 400pt
3位甲南大学 433pt
4位神戸大学 463pt
5位和歌山大学 486pt
6位大阪大学 707pt

Image


関西学生ヨット夏季選手権大会 第4レース・第5レース速報

第4レース
470級(全49艇)
藤井・岡畑組 9位
赤尾・上野組 18位
村松・秋月組 4位
玉置・中村組 BFD
村松叶・三浦組 21位
羽室・上原組 36位
畑・浦新組 33位

スナイプ級 (全45艇)
明石・井阪組 5位
津嶋・染谷組 21位
桑原・比嘉組 7位
南・尾川組 31位
石田・寺尾・穴迫組 BFD


第5レース
470級(全49艇)
藤井・岡畑組 8位
赤尾・上野組 29位
村松・秋月組 22位
玉置・中村組 19位
村松叶・三浦組 33位
羽室・上原組 39位
畑・浦新組 36位

スナイプ級 (全45艇)
明石・井阪組 10位
津嶋・染谷組 2位
桑原・比嘉組 32位
南・尾川組 16位
石田・寺尾・穴迫組 12位

関西学生ヨット夏季選手権大会 第3レース速報

第3レース
470級(全49艇)
藤井・岡畑組 1位
赤尾・上野組 13位
村松・秋月組 25位
玉置・中村組 22位
村松叶・三浦組 29位
羽室・上原組 32位
畑・浦新組 15位

スナイプ級 (全45艇)
明石・井阪組 21位
津嶋・染谷組 16位
桑原・比嘉組 24位
南・尾川組 22位
石田・寺尾・穴迫組 28位