関西SPORTS.COM

  • 関西SPORTS.COMトップへ

-天気予報コム-

« 2016年10月 | メイン | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月27日 (日)

関西学生ヨット新人選手権大会 2日目

新3回生スナイプスキッパーの寺尾です。

今日は強風予報でしたがあまり風が上がらず、北東から吹くAve.3〜4mの風の中で2レースを消化しました。

今回私は同回の尾川とスキッパーとクルーの乗せ替えで出場しましたが、レースを通して多くの課題が見つかりました。

1番大きな課題はスタートです。
昨日の1レース目では、風の強さとスタートまでの残り時間を合わせて逆算ができておらず、テンパるのが遅れてしまったために第二線でのスタートになった上、上の艇に被され思うように走らせられなくなってしまいました。
そのため2レース目以降は早めにテンパることを意識して毎回準備をしていたのですが、下のルームを守りきれなかったり周りの艇にバウを合わせることができず、第一戦、フルスピードでスタートできたレースはありませんでした。
そのため、その後も考えていたコースとは違うコースを考え直さざるを得ず、第一線でスタートすることの重要性、そしてその難しさを改めて思い知りました。
またこの他にも、私は微風でのセーリングに苦手意識があるのですが、今大会は2日間とも微風だったため艇を上手く走らせるのにとても苦労しました。
リーチを開かせることや上らせすぎて走らない、など頭では理解できていても実践出来ていない事が多く、まだまだ練習が足りないと感じました。

今回のレースで結果を出せなかったことはとても悔しく反省点や課題も多く見つかりましたが、それと同時に自分の実力を客観視でき、これから自分が勝つために何を課題に練習していかなければならないのかを知ることができたので、これからの冬の練習でスキルアップしレギュラー争いに食い込めるよう頑張ります!

本日も、昨日に引き続き舟元会長に善蔵丸を出して頂きました。
山下さん、大辻さん、尾崎コーチ、比嘉さん、島田さんには運営艇や支援艇に乗って頂き、また2日間を通してたくさんのアドバイスを頂きました。
皆様お忙しい中本当にありがとうございました。


Img_6793


関西学生ヨット新人選手権大会 総合成績

470級 総合成績 (全48艇)
赤尾・岡畑・山口組 11位 41pt

藤井・中村・増田組 5位 26pt

村松・浦新・龍野組 10位 39pt

三浦・杉浦・菅原組 29位 109pt

村松叶・森・上原組 32位 121pt

羽室・畑・上野組 28位 108pt

1位 有岡・大野組 (関西学院大学) 6pt
2位 山下・木下組 (関西学院大学) 10pt
3位 小泉・本田組 (関西学院大学) 16pt
4位 赤松・尾上組 (神戸大学) 25pt
5位 藤井・中村組 (甲南大学) 26pt
6位 石川・光森組 (関西学院大学) 27pt

スナイプ級 総合成績(全48艇)
南・大石・山口組 22位 80Pt
津嶋・木下組 9位 49pt
桑原・吉田組 32位 115pt
石田・堤組 23位 82Pt
井坂・吉岡組 45位 156Pt
染谷・穴迫組 44位152pt
寺尾・尾川組 46位163Pt

1位 奥村・尾井組 (関西学院大学)4Pt
2位 山本・大村組(関西学院大学) 8Pt
3位 平野・李組 (兵庫医科大学) 14Pt
4位 堀・小島組 (関西大学) 21Pt
5位 松本・上原組(大阪大学) 24Pt
6位 中村・松尾組(大阪大学) 28Pt

関西学生ヨット新人選手権大会 第5レース 結果

第5レース(着順)
470級(全48艇)
赤尾・岡畑組 18位
藤井・中村組 6位
村松・浦新組 3位
三浦・菅原組 UFD
村松叶・上原組 UFD
畑・上野組 21位

スナイプ級(全48艇)
南・山口組 28位
津嶋・木下組 6位
桑原・吉田組 RET
石田・堤組 27位
井阪・吉岡組 39位
染谷・穴迫組 37位
寺尾・尾川組 43位

関西学生ヨット新人選手権大会 第4レース 速報

470級(全48艇)

赤尾・山口組 17位

藤井・増田組 7位

村松・龍野組 12位

三浦・菅原組 36位

村松叶・上原組 20位

畑・上野組 33位

スナイプ級(全48艇)
南・山口組 21位
津嶋・木下組 17位
桑原・吉田組 33位
石田・堤組 35位
井坂・吉岡組 47位
染谷・穴迫組 45位
寺尾・尾川組 44位

2016年11月26日 (土)

初陣


新3回生スナイプスキッパーの染谷です。

本日は関西学生ヨット新人選手権大会1日目ということで、新体制になってから初のレースに参加しました。
これまで同回の津嶋とレースに参加してきましたが、私は今回初めてスキッパーでレースに参加しました。

今日は多数配のなかでの安定したスタートと、しっかり風に合わせて艇を走らせることを課題としてレースに臨みました。
風向は北東、風速はAve.2〜3mでした。

初めてスキッパーでレースに出た感想としては、微風で風を流すことや、角度よりもスピードを優先して艇を止めないことなど、クルーの時に得た知識を使っても自分の実力不足でうまくできないことだらけで、艇を操るためにはまだまだ練習が必要だと実感しました。
課題としていたスタートも動き出すのが遅く、上の艇に被されて第一線で出れないことがあり、しっかり止まることやすぐ動き出せるようにすることなど、艇を自分の思い通りに操れるようになることが今後の課題だと思いました。
風に合わせて艇を合わせるのも、北風で振れ幅の大きい海面だったためまだまだ満足のいくセーリングはできませんでした。
ただ、今回のレースでは課題ばかりが見つかったわけではなく、しっかり完走できたこと、50艇弱という艇数の中で大きなケースもなく回航できたことなど、自信につながる部分もありました!
明日のレースでは今日よりも風が上がる予報なので、また違った課題が見つけれるよう頑張っていきたいと思います!

今日は舟元会長には善蔵丸を出していただき、根本コーチ、田中コーチ、尾崎コーチ、山下さん、大辻さん、村尾さん、明石さんが来てくださり、支援艇や運営艇に乗っていただきました。
また、差し入れもいただきました。
お忙しい中ありがとうございました。

Img_6778


関西学生ヨット新人選手権大会 1日目結果

本日は3レースを消化しました。

470級(全48艇)
赤尾・岡畑・山口組 4位 24pt
藤井・中村・増田組 7位 30pt
村松・浦新・龍野組 24位 70pt
三浦・杉浦・菅原組 28位 73pt
村松叶・森・上原組 34位 101pt
羽室・畑・上野組 30位 86pt


スナイプ級(全48艇)
南・大石・山口組 18位 61pt
津嶋・木下組 23位 75pt
桑原・吉田組 29位 82pt
石田・堤組 14位 55pt
井阪・吉岡組 42位 119pt
染谷・穴迫組 41位 115pt
寺尾・尾川組 44位 125pt


関西学生ヨット新人選手権大会 第3レース 速報

470級(全48艇)
赤尾・岡畑組 15位
藤井・中村組 3位
村松・浦新組 10位
三浦・杉浦組 30位
村松叶・森組 37位
羽室・上野組 35位

スナイプ級(全48艇)
南・大石組 12位
津嶋・木下組 UFD
桑原・吉田組 28位
石田・堤組 9位
井阪・吉岡組 DNF
染谷・穴迫組 34位
寺尾・尾川組 DNF

関西学生ヨット新人選手権大会 第2レース 速報

470級(全48艇)
赤尾・山口組 4位
藤井・増田組 7位
村松・龍野組 UFD
三浦・杉浦組 27位
村松叶・森組 28位
羽室・上野組 24位

スナイプ級(全48艇)
南・大石組 30位
津嶋・木下組 18位
桑原・吉田組 24位
石田・堤組 22位
井阪・吉岡組 36位
染谷・穴迫組 37位
寺尾・尾川組 39位


関西学生ヨット新人選手権大会 第1レース 速報

470級(全48艇)
赤尾・岡畑組 5位
藤井・中村組 20位
村松・浦新組 11位
三浦・杉浦組 16位
村松叶・森組 36位
羽室・上野組 27位

スナイプ級(全48艇)
南・大石組 19位
津嶋・木下組 8位
桑原・吉田組 30位
石田・堤組 24位
井阪・吉岡組 34位
染谷・穴迫組 44位
寺尾・尾川組 37位

今年のスローガン

新三回生マネージャーの交河です。

本日は、明日がレースなので午前のみ出艇し、午後は開会式に参加しました。

明日は、一回生にとって初めてのレースになります。
一回生の様子を見ていると、明日のレースを本当に楽しみにしているのが伺えました。
レースに備え、これまでノートにまとめた内容を復習したり、一緒にレースに出る先輩とレース展開について打ち合わせをするなどレースに対する意欲が様々なところで見受けられました。

そんな一回生の姿を見て、私もしっかりとサポートしてあげたいと改めて感じました。
やはり、初めてのレースなのでトラブルなども出てくるとは思いますが、安全第一でまずはヨットレースの楽しさを存分に味わってきてほしいです!

また今日は、新しいスローガンをみんなで決めました。
多数決の結果、私たち新三回生が考えた〝change minds , make efforts." 、意味は『意識改革、そして努力』に決まりました。

スローガンは新三回生の案で決定しましたが、どの代も意識改革や革命という、新しい動きをしなければいけないという意思が伝わるスローガンを挙げていて、全員が同じ想いを抱いていることを知れて良かったです。
あとは、全員の努力があれば今年の全日本両クラス出場するという目標は達成できるのでみんなで頑張っていきたいと思います!