関西SPORTS.COM

  • 関西SPORTS.COMトップへ

-天気予報コム-

« 2016年11月 | メイン | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月25日 (日)

艇庫締め

新二回生スナイプクルーの堤です。

今日は年内最後の部活で、艇庫締めでした。
新三回生が中心となって全体に指示を出し、それに従って皆がテキパキと協力し合って動くことができ、予定よりも早く掃除を終えることができました。全員がやる時はやる、というメリハリを持って行動できるいいチームだと改めて認識することができました。

また艇庫締めの後には、舟元会長、柴田さんが来てくださいました。舟元会長にはヨットの知識を、柴田さんには食事の取り方を説明していただきました。とても自分の為になりました、ありがとうございました。

艇庫締めも終わり、これからは長いオフ期間に入ります。オフの時に何もせずに過ごしてしまうと、感覚が鈍ってしまうので、ヨットノートを見返したり、ヨットの動画を見てイメージトレーニングを行うなど、様々な工夫をして感覚が鈍らないようにしていこうと思います。
またオフ期間には筋トレもあるので、年明けの練習でどんな風が吹いても疲れないようになるために体力を向上させるという目標を持って頑張ります!

そして、オフ期間中には遊びもたくさんしようと思っています!ですが、羽目を外しすぎず、練習再開の日に皆と元気に会えるように体調管理などにも十分気をつけます。
年が明けても向上心を忘れず下の代から上の代へプレッシャーをかけれるように頑張っていきたいと思います!

2016年12月24日 (土)

オフに向けて


新二回生スナイプクルーの木下です。

今日は、昨日の練習で整備箇所がたくさん出たのと、明日が艇庫締めのため、整備の1日となりました。

艇を直すのが整備ですが、実際に自分が乗っている艇をプレーしやすい環境にすることも大切だと思いました。昨日の練習はまだ慣れていない強風と波でしたが、バウが波に突き刺さらないようにするために体を後ろにすると波に乗れたような気がしました。しかし、追手でセンターボードを上げているときのヒールバランスが難しく、ブローを見分ける余裕もありませんでした。

私のこれから一年間の目標は練習前になにをしたいかを決めることで、昨日はマークの位置を細かく伝えるということと、他艇報告を目標としていました。艇を起こすのに必死で余裕がない時もありましたが、これからも続けていきたいと思いました。

これからオフ期間に入り、しばらくの間ヨットに乗れなくなります。体で覚えたことを忘れてしまうので、ノートに書いたことを見返しながらイメージトレーニングをしていきたいです。また、他のクルーとの情報共有も大切だと思いました。練習でジブを引けない、ランチャーアップが遅いなどの力不足という課題が明らかになったのでオフ期間に体力づくりをしたいです。

今日は柴田さんが、みかんと明日の艇庫締めのためにと洗剤を差し入れとして持って来て下さいました。ありがとうございました。

Img_7046


2016年12月23日 (金)

強風での練習


新二回生スナイプクルーの大石です。

今日は部内戦を行う予定でしたが、風が強かったため安全を考慮して急遽通常の練習になりました。

午前はAv8m/sの中、トライアングルコースでレース練習を行いましたが、沈艇などトラブルが続き、危険と判断されたためノーレースとなりました。着艇した後、村尾さんから乗艇位置について御指導してくださいました。

午後はAv7m/sの中、帆走練習をしてからフリー練習を行う予定でしたが、多くの艇にトラブルがあり二艇しか練習できなかったので、帆走練習の後、タッキングマッチをしました。相手の艇に被せるようにタックをするのですが、どのタイミングでタックをするのかが分からずちゃんとした動作ができませんでした。
帆走練習では午前の、村尾さんから指導して頂いた乗艇位置を意識しましたが、変化を感じる余裕はありませんでした。
今日のような強風で波が高い中でスナイプに乗れたのはとても貴重な経験です。自分の体力の無さを痛感したので、オフ期間中でもトレーニングを欠かさずします。もっと風や波に対応できるようになり、今日のような風を乗りこなせるように頑張ります。

今日は村尾さん、根本コーチ、田中コーチ、尾崎コーチ、奥田さん、明石さんが来てくださり実際に乗っていただいたり、レスキュー艇から御指導していただきました。また差し入れもいただきました。ありがとうございました。

2016年12月18日 (日)

ロングディスタンス練習


新二回生 470クルー 龍野惣一郎です。

今日は午前中はAv1m/s.午後はAv1m/sの西風の中で、西宮浜を一周するというロングディスタンスのレース練習をしました。

1レース目は風が無くショートコースとなってしまいましたが、微風の中でボートスピードを出すためにはどうすれば良いのかを意識し、レースに取り組みました。

2レース目からは風が上がりましたが、それによりヒールバランスを意識して艇をフラットに保つという事が出来なかったため、今後の練習課題としていきたいと思います。また、他艇とのボートスピードの差が生まれてしまっていたので、細かなジブトリムも必要だと感じました。

3レース目はランニング一本のコースで、スピントリムでのボートスピードの違いを感じました。スピンをしっかりと飛ばすことが出来ないとボートスピードが変わってしまう、というのがレスキューボートから見たときに気付けたので、次回の練習ではスピントリムを意識し練習していきたいです。

練習後のミーティングでは、毎レースごとのタイム・結果を書き出し、全員で意見を出し合いました。
私は470クルーとしての課題が多いのですが、毎回の練習を大切にし、一つ一つ課題を潰して行きたいと考えています。

本日は山本悟コーチが指導に来て下さり、たくさんのセーリング技術を学ぶことができました。ありがとうございました。今日学んだ事を活かして、次回の部内戦で活躍したいと思います。

2016年12月17日 (土)

練習へのより高い意識

新二回生470クルーの菅原です。

今日はAv5m/s、Max10m/sの西風で、三角コースの内角を100度と設定し、スタートと上マーク回航直後のスピンアップの練習がメインのレース練習をしました。

出艇する前のミーティングで、大辻さんにスタート時での有利目の見方を教えて頂いたので、今日の練習ではレスキューに乗っている時に、自分ならどっちからでようとするかを考え、これからも意識し続けることで最終的には無意識にできるようになるまでになろうと思いました。

私が470クルーで乗っていた時は風が強く、タックする時に昨日のミーティングで教えて頂いた、タックする理由のフレッシュウィンド、ヘダー・リフト、ショート・ロング、ブローを意識し、より意味ある練習にしました。
ジャイブ時にはスピンを艇の動きに合わせず、早く上にもってきたことで沈してしまいました。今までは風が強くなかったため、沈をすることがありませんでしたが、艇の動きに合わせないことでかなりのロスとリスクがあるのだなと気づけたことにより、また一歩成長することができました。

私は今年、関西学生ヨット連盟の副委員長兼470委員長という役職を担っており、来年には委員長をすることとになっているので、他の部員よりも練習できる機会は減るとは思いますが、今日のように一つ一つの練習で意識をすることにより、他の部員よりも早くセーリング感覚を掴み、また今のうちにできるだけ差をつけて行きたいと思います!

本日は山本悟コーチ、大辻さんが指導しに来て下さりました。明日も山本悟コーチのコーチングなので、長期オフに入る前の貴重なコーチング練習を大切にします。また、大辻さんからは差し入れも頂きました。ありがとうございました!

風の予測

更新が遅くなり申し訳ありません。

新二回生470クルーの杉浦です。

私は今日の午前に出艇しました。
今日の風は北から西にかけてのシフティーなもので、風速もマックスで約10メートルほどでした。急に約90度近く振れることがあり、ジブやスピンのセールを合わせることが普段以上に難しく感じられました。

練習内容は動作メインの上下三周(目安としてタック五回、ジャイブ三回)と、回航メインの上下三周をしてから動作練習を行いました。
初めてのレースを終えて、動作をより速く、より正確に行うことや視野を広げることを課題としてきましたが、今日意識していたことは、どれだけリカバリーを速くできるかということでした。
まだブローや他艇を見る余裕もなく、急な振れやヒールを予測することができず、ボートバランスをフラットに保つことができませんでした。
オーバーヒールで沈してしまうことが2、3回あり、メインセールの上に乗らないようにすることの大切さと、強風のセールに対する威力を学びました。
今日の練習から学んだ課題としては、風の振れやブローを自分の目で見て予測することです。明日の練習で、この課題に挑戦したいと思います。

先週のレーザー合宿での体験から、体格的にも気持ち的にも、私はスキッパーとして上位を取りに行きたいと思うようになりました。簡単に言えることでもなく、まだまだ風向が分からなかったりそもそもの動作が分からなかったりしますが、自分で艇を操る楽しさやヘルムがティラーから伝わってくる感覚に感動しました。クルーとして微風のスペシャリストを目指すと言っていましたが、できればすぐにでもヘルムスの練習を始めさせてほしいと思います。
スキッパー志望の同期は470であと2人いるので、切磋琢磨して下から追い上げていきたいです。

2016年12月11日 (日)

レーザー合宿 最終日

新2回生の470クルーの上原です。

今日は木村さんによるレーザー合宿の最終日で、Av3.5m/s 、Max5.5m/sの北東の風の中、練習しました。
今日は振れが多く、また強弱のある風でした。
レーザー級は上下マーク回航と帆走練習、470、スナイプはレース練習を行いました。

私がレーザーに乗っていた時は微風だったこともあり、風の振れを意識する重要性を実感しました。
レーザーでは微風の時バングは470よりも引くこと、それはレーザーのマスト自体が470のようにベンドしていないためである。また、微風の時のブームとセールのフットワンハンドぐらいの開くまでアウトホールを出す、など理論的かつ具体的である様々で的確なご指導を頂きました。ありがとうございました。

470でのコース練習では、どのぐらいの振れでタックを返すのか、それとも我慢をするのかの判断を明確にしたいと思いました。また、風の振れが激しかったため、上サイドでもクローズになってしまう時もありました。先にマークを回った艇に流されることなく、どこから風が吹いているのか、スピンを上げないほうが速いのか、と常に考える事が今の自分には欠けていると感じました。

この三日間のレーザー合宿と練習で得られたものを、今後の成長につなげていきたいと思います!

3日間私たちのためにレーザー合宿をして下さった木村さん、本日指導しに来て下さり、差し入れも持って来て下さった福田監督、大辻さん、村尾さん、荻野さん、蜂須賀さん本当にありがとうございました。

Img_6942


Img_6943


2016年12月10日 (土)

レーザー合宿 2日目

新三回生マネージャーの三谷です。

本日はave.5m/s程の風の中、昨日に引き続き、レーザー合宿を行いました。

レーザーは、アビームマーク回航、動作の練習、低速で艇を操ることをしました。
新二回生は夏の間レギュラー練習のため、470やスナイプに乗れずレーザーでの練習を重ねてきました。
ですので、新四回生、新三回生よりも上手く艇を操ることができる人も多々見られました。
「20回沈したんです!」など、陸に上がって報告を聞きました。それでも余裕が見られ夏よりも成長した姿を頼もしく思いました。

そして、私は甲風で、470とスナイプのコース練習の運営をしました。
風が強いと沈艇、トラブル艇の対応に追われたり、アンカーが流れてしまったり、それ共に自分も焦ってしまって一緒に運営をしてくれるプレーヤーに的確な指示ができなかったりと悪循環ばかりでした。
今までは、先輩がたくさんいたので助けを求めることができましたが、これからは私達が後輩を引っ張らなければなりません。
プレーヤーが焦っているときほど落ち着いて指示などできるよう、動けるようにマネージャーとして努力していきたいです。

甲風、甲風Jrに乗り現役の指導をしていただきました、
木村さん、根本コーチ、田中コーチ、尾崎コーチ寒い中本当にありがとうございました!
そして大和田さんからは差し入れをいただきました、ありがとうございました!

Img_6928



2016年12月 9日 (金)

レーザー合宿 1日目

新3回生470スキッパーの畑です。

本日はレーザー合宿1日目でした。
私は午後、Av.4m/s Max6m/sの西風のなかレーザーで出艇しました。

出艇前に木村さんから強風時でのランニングの走らせ方、ジャイブ、またスタート時の止まり方などのレクチャーをしていただきました。
普段乗っている470とは動作面や艇の走らせ方が違っていました。具体的には、強風時のランニングはバイザリーで走らせることや、ジャイブ時にメインシートを出し切った状態から半分ほど引き込むことを教わりました。
海上練習では、はじめはジャイブの動きがままならなく、不安定でうまく乗りこなせませんでしたが、徐々に慣れてきて揺れの少ないようにできるようになりました。
今までのレーザーでの練習では、ティラーを扱うことに必死で角度をとることで精一杯でした。ですが、これまでに短期間でもヘルムスをしていたことで余裕が生まれ、楽しんで練習することができました!
また、その余裕からシングルハンドの特徴を知り、また実際に感じられたことは新鮮でした。それでも乗りこなせている状態とは言えないので、今回の合宿で、より成長できるように努力したいです。

そして、木村さんをはじめとしたOB,OGの方々の支援の元でこの練習をできていることへの感謝を忘れず、得れるものを得て残り2日間を楽しみたいです!

2016年12月 4日 (日)

メンタルトレーニング2日目


新三回生470クルーの中村です。

本日は、午前はave.3m/s、午後はave.2m/sの北東の風の中、昨日と引き続き山本悟コーチによるコーチングが行われました。

コーチングの内容はクルーは艇に固定し、470とスナイプのスキッパーを1レースごとに順番に載せ替えしながらトライアングルのショートコースでレースを行うというものです。
今日の風は振れが大きく、ブロー差もあったので、一回の振れで大きくゲインできたり、逆に大きくロスしたりという特徴がありました。コースは振れを使いながらいかにブローを繋いでいけるかが重要になりました。

そして、今回のコーチングで私が感じたことは、自分がコースを引く上で、スキッパーとクルーの会話がすごく重要だということです。風の変化やレース海面に関して自分の考えをお互いに言い合うことは、より最適なコースを引くために不可欠だなと改めて感じました。話し合うことは当たり前のことですが、やはり実際にレース回数を重ねていくと、身体面や精神面での疲労が重なり、口数が減ってしまうということが私の経験上よくありました。本日の練習は、メンタルトレーニングということもあり、そのことを意識して臨んだ為、比較的良いコースを引くことが出来ました。
また、スナイプのスキッパーと470に乗ってみて感じたことは、470のヘルム効果の大きさです。スナイプのスキッパーがスナイプと同じ感覚でティラーを切ってタックすると、オーバータックになることが多く、470でのロールが生み出すヘルムの力は大きいなと感じました。

来週はいよいよ、木村さんによるレーザー合宿が行われます。学べることをしっかり吸収して、スキルアップしていきたいと思います。

そして今日は、野本さんから差し入れを頂きました。ありがとうございました!

Img_6864